結婚式のテイストにあわせて!クール・ナチュラル?ウエルカムボードはどうする


ゴールドとアクリル板のミックスで

たくさんのゲストの目に触れるウエディングのウエルカムボードは、ある意味、結婚式の顔でもあります。それだけに、準備にも時間をかけ、洗練したものを作りたいですよね。たとえば、クールなテイストでウエディングを行うのであれば、会場にマッチするように、色を深みのあるゴールドとブラックの2色で統一してスタイリッシュに仕上げるといいでしょう。アクリル板を使用すれば、そこに映る背景がにじんでみえるので、デザインはシンプルでもドラマティックな雰囲気になります。アクリル板はガラスよりも安価ですし、取り扱いやすいですよ。

シンプルなデザインの分、文字の配置バランスが重要になります。また、クールさを損なわないように、やわらかいモチーフは使用せずに、二人のイニシャルが合わさるようなカレッジ風のエンブレムのデザインを入れてもいいでしょう。シャープさも肝心なので、直線的でクールな印象となるように、黒の額縁で引き締めるようにします。

野生の草花で手作り感を強調

ナチュラルテイストで海外での邸宅ウエディングを行うのであれば、キャンバスにリアルに花が描かれるような、草花とカリグラフィーの融合を目指したウエルカムボードもいいですよ。大人っぽくみせたいのなら、自然な色味をいかして、主張が強すぎないように、ユーカリやライスフラワー、センニチコウなどを使用しましょう。適度なサイズのキャンバスにスポンジを貼り付け、それを土台に好みのドライフラワーをさしていくだけです。式場近くに咲いている野草をさしても雰囲気が出ますよ。

京都は、寺社がたくさんある地域ですので結婚式を挙げられる寺社も少なくありません。京都の結婚式場以外もチェックしておきましょう